ジョジョの奇妙なニュース速報

ジョジョで広がれ世界平和

3部

【ジョジョ3部スタンド】原作で輝けなかったスタンドたち

投稿日:2019-10-12 更新日:

この記事の画像の出典:
https://pixabay.com/ja/ https://prcm.jp/ 集英社「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦作より。このサイトで使用した画像の著作権は全て荒木飛呂彦氏に帰属する
  • ジョジョ3部に登場する、強いはずなのにいまいち輝けなかったスタンドを、独断と偏見に基づきランキングで紹介
  • 彼らはどうすればもっと輝くことができたのか?

関連記事【読む順番】ジョジョはまず3部を見ておけば良い説

第3位

マジシャンズ・レッド(本体:モハメド・アブドゥル)

  • 破壊力B
  • スピードB
  • 射程距離C
  • 持続力B
  • 精密動作性C
  • 成長性D

(評価はA〜Eの5段階)

炎のスタンド。

破壊力B、スピードB、持続力B、正面対決でもそこそこ強い。

しかし他は平均値、もしくはそれ以下というステータス。

ぶっちゃけステータスはそこまで強くない

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

強いのは炎と熱を操る能力

画像はアブドゥルが初めて主人公の承太郎に会った時の一コマ

承太郎が投げた鉄棒を一瞬で溶かせると言う。

この描写から、鉄が溶ける温度とされる1500度以上の熱を一瞬で出現させることが可能と思われる。

承太郎のスタープラチナは「破壊力A」なので、

その承太郎の攻撃を一瞬で無効化するマジシャンズレッドの破壊力も「A」で良さそうである。

しかし破壊力のステータスは、スタンドの物理的な力を表し、

炎と熱の能力はステータスに反映されていないようである。

熱を操る能力で、相手の飛び道具を無効化できる上、

接近戦では身体を掴んで溶かしたり、黒コゲにするなど、瞬殺も狙える。

さらに炎も操れるので、

炎自体が強力な飛び道具にもなる。

また、炎をセンサーのように利用して、周囲の動くものを探知する能力も持っており、

不意打ちも通用しづらい。

アブドゥルさんパねえっす!

もはや完全無欠。

攻撃、防御両面でスキのない能力と言える。

そしてマジシャンズレッド本体の格闘能力もそこそこ高く、

肉弾戦で敵スタンドを圧倒したこともあるほど。

しかし炎と熱の威力と、その応用範囲の広さを考えれば、

格闘での破壊力など最低の「E」ランクでもいいくらいだ。

それくらい「炎と熱を操る能力」に大きな価値があるスタンドである。

このスタンドを倒せるのは、ラスボスのディオを除いて、

動きを探知されないスタンド」の不意打ち攻撃くらいしかない。

…今です!!

炎が操れるということは…

マジシャンズレッドが出した炎は「炎もスタンド」であるため、

熱気こそ感じられど、通常の炎と違いスタンド使いにしか見えない、

ただし、その熱気によって燃え広がった炎はその限りではない

つまり、

スタンドの炎から派生して通常の炎を発生させることが可能

物を燃やしたり、放火とかも思いのまま。

アブドゥル達がディオの潜む館に到着した時、

攻略方法として「館に火を放つ」という選択肢もありました。

しかし、アブドゥルは仲間の意見を押し切り、

火を放たない選択をします。

もし館に火を放っていれば、もっと犠牲が少なくディオを倒せていたかもしれない。

ディオは吸血鬼なので日光にあたると消滅してしまう、

なので日中は外に出られません。

そこで潜んでいる館を燃やされたらどうなるか?

逃げ場がなくなるので、相当追い詰めることができたはず…

アブドゥルはスタンド能力に自信があり、

炎で敵の動きを探知すれば、やられることはないと思ったのか。

「動きを探知できないスタンドが襲ってくるかも」

そこまでは想定できなかったようである。

この判断が彼の運命を大きく分けることに。

ジョジョ26巻



第2位

デス・サーティーン(デス13)(本体:マニッシュ・ボーイ)

ジョジョ19巻

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

  • 破壊力C
  • スピードC
  • 射程距離E
  • 持続力B
  • 精密動作性D
  • 成長性B

夢のスタンド。

寝ている者の精神を、デス13が作り出した夢の世界に引きずり込むという能力。

複数人を同時に夢の世界へ引きずり込むことも可能。

チートのようなスタンド能力

夢の世界の中で鎌を持ったデス13に襲われます。まるでエルム街の悪夢。

そして夢の中で傷を負うと、現実の肉体も同様の傷を負う。

つまり、

夢の中で殺されると現実の肉体も死んでしまう。

そして夢の中でデス13を倒そうとしても

「デス13以外、夢の世界ではスタンドを出せない」

という特徴があり、

スタンドなしの本体だけで立ち向かわなければいけない。

しかしジョジョには「スタンドはスタンドでしか倒せない」というルールがあり、

スタンド攻撃以外は全てデス13の身体を素通りしてしまい効かない。

なのでデス13に一方的になぶり殺されるしかない。

スタンドが出ない!?

夢の世界に引きずり込まれた時点でムリゲーである。

たまたま誰かが眠りから起こしてくれて、夢の世界から逃れたとしても、

夢の世界の記憶は全てなくなっている

だから目覚めたところでデス13のことを覚えておらず、対策ができない。

そもそもターゲットにされていることすら認識できない。

初見のキャラはまず殺られる。

まさにチート中のチートスタンドと言えよう

弱点

チートスタンドにも意外な弱点がある。

  • 射程距離がEと短く、眠っている人のすぐそばにいないと夢の世界に引きずり込めない。
  • 相手がスタンドを出した状態で眠ると、相手は夢の世界でもスタンドを使えるし、目覚めた時にデス13のことを覚えている。
  • デス13の本体と能力がバレたら終わり(そもそも本体が0歳の赤ちゃん)。

デス13の本体は0歳児の赤ちゃんなので

(超天才児)

自分の意思で自由に動けません。

誰かに相手のそばまで連れて行ってもらう必要があり、

かつ相手が寝付く時に近くにいなければならず、

警戒されていないことが必要です。

赤ちゃんだから警戒はされないだろうけど、

これはこれでデメリットです。

こんな赤ちゃんが敵!?

また、スタンドを出したまま眠る特異なキャラはそうはいないが、(というか皆無

もしそこまで用心深い「変態スタンド使い」を狙ってしまったら大変なことになるだろう。

デス13のステータスはそれほど強くないので、

スタンド同士の戦いではやられる可能性が高い

また、スタンドを持ち込めた相手が何かの拍子で目覚めてしまい、

デス13の正体がわかってしまったらもうジ・エンドである。

本体は無力な赤ちゃん(知能は大人並みだが)なので、

正体がバレたら負けますね!

何度も仕留めそこなうと、正体がバレるリスクがないとは言えないので、

先手必勝、短期決戦のスタンドといえる。

それでも成長性がBなので、

本体が成長した時にこれらの弱点を克服できていたとしたら、

最強と言っていいスタンドかもしれません。



第1位

トト神(本体:ボインゴ)

ジョジョ20巻
  • 破壊力E
  • スピードE
  • 射程距離E
  • 持続力A
  • 精密動作性E
  • 成長性E

予言のスタンド

ステータスは持続力以外全て最低のE。

なんじゃこりゃのステータス。

ごく近い未来に起こることをマンガで予言してくれるユニークなスタンド。コメディ枠担当

原作の描写から読み取ると、

予言してくれる内容は

  • 自分の身に危険が迫ってる時
  • 自分に利益(金品等)が得られる時
  • 敵スタンド使いと出会う時
  • 敵スタンド使いを倒す方法

となっている。

ごく近い未来とは、おおよそ5分〜10分後の未来である。

次のバスに乗ったら事故に巻き込まれることを教えてくれたり、

独特のタッチのマンガ予知

敵のスタンド使いがどこにあらわれて

どういう行動をするか、

カフェで一服

どうすれば倒せるかなどを教えてくれる。

兄と協力

一度予言にあらわれたことは覆せず、必ず起こる。

例えば、「自分がこう行動すれば相手が事故にあって死ぬ」という予言がでれば、

そのとおりに行動しさえすれば、相手は必ず死にます。

予言は絶対であり、

自分だけが次に起こることがわかっているので非常に強力である。

コミック20〜21巻と23〜24巻でも登場
それはそうとイケてる髪型ですね(棒読み)

第2位のデス13を初見で攻略できる、唯一のスタンドかもしれない。

寝る前にマンガの予知を見ることを習慣にしていれば、(寝る前にスマホを見るように

デス13に襲われる予知がでて、スタンドの存在に気が付けるかもしれない。

あとは寝ずに近くにいるデス13の本体を見つければ、トト神の勝ちである。

弱点

  • トト神のスタンド自体は無力でスタンド同士の対決にはむかない。
  • 予知の解釈を間違えて行動すると逆に自分に災難が降りかかる。

トト神のスタンドは予言が出現するマンガ本と一体化しており、

スタンド自体に格闘能力などはなく、無力である。

そのため敵スタンド使いを倒すためには、

自ら出向いて、予言通りに行動し、相手の本体に毒を盛るとか、

味方のスタンド使いと組んで、味方に予言通り行動してもらい、敵スタンドを倒してもらう必要がある。

味方と同盟

ここが最大のネックであり、

自分以外の味方が関係してくると、

味方が予言通り行動しなかったり、

予言の解釈を間違えて行動すると、自分たちに災難が降りかかってしまう。

原作ではこのせいでトト神は負けている…

予言ではこうだったけど、実際は…

必ずしも勝とうとしなくて良い?

原作ではトト神の本体ボインゴは、

味方のスタンド使いと組み、承太郎たちを倒そうとして失敗しました。

しかしこんな便利な能力をもっていたら、

そもそも戦う必要があるのでしょうか?

生活には困らないでしょうし、

投資やギャンブルで大儲けも可能なはず。

なにより特筆すべきは、トト神の危機を回避できるディフェンス力です。

災害や身の危険はおろか、

敵とこれから出会うことすら事前にわかってしまうのです。

ならば敵が現れる場所に行かず、

会わなければ良いではありませんか。

リスクを冒す必要はない。

作中ではラスボスのディオの命令に従い戦っているようでしたが、

予言の能力を使えばディオから逃げたりできるし、

そもそもディオみたいなやつと出会わないように立ち回れるはずです。

そういう意味ではどんなスタンド使いとも出会わず、

どんな強力なスタンドだろうと倒せない(そもそも出会えない)能力だと言えるでしょう。

ジョジョ4部の吉良吉影が望んだような、平穏で毎晩ぐっすり眠れる生活が送れるはずです。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

まとめ

  • 第3位 マジシャンズレッドは炎と熱の能力が便利すぎて攻防両面にスキがない。ディオの館に火を放てば良かったのに…
  • 第2位 デス13は先手必勝のチートスタンド。基本相手スタンドと出会うことはなく、一方的に攻撃できる。弱点はあるものの、今後の成長性が見込まれる。
  • 第1位 トト神は予言で危機を回避したり敵の倒し方がわかるスタンド。予言の解釈を間違えると逆に負けるため、リスクを取らず敵と会わないように立ち回ることで、誰にも負けず、得だけをして生きていくことが可能。

関連記事【ジョジョ最終回一覧】それぞれの部で伝えたかったこと





-3部
-

執筆者:


  1. […] 関連記事⇒ジョジョスタンド3部「原作で輝けなかったスタンドたち」 […]

  2. […] 関連記事【ジョジョ3部スタンド】原作で輝けなかったスタンドたち […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【読む順番】ジョジョはまず3部を見ておけば良い説

この記事の画像の出典: https://pixabay.com/ja/   https://prcm.jp/ 理由 3部ラスボス「ディオ」はシリーズ全体を通しても最大級の敵。3部から初めて「スタンド」 …